歯がしみたら…

はじめまして、歯科衛生士の宗像と申します。

阿部デンタルオフィスで一番小さい歯科衛生士が私です。

メンテナンス等でお会いすると思いますので、

その際はどうぞよろしくお願い致します。

 

長かった梅雨が明け、暑い季節がやってまいりましたね。

 

こう暑いと、アイスやかき氷、喉も渇いてたびたび清涼飲料水を口にする機会も増えるのではないでしょうか。

とともに、冷たいもので歯がしみる…そう

知覚過敏に悩んでいる方もいらっしゃると思います。

知覚過敏は虫歯ではないのに、歯がしみたり、痛みを感じたりすることです。

では、どのようにして起こるのか? 簡単にご説明したいと思います。

正式には「象牙質知覚過敏症」と言います。

通常、歯の表面は「エナメル質」という白く硬い部分に覆われています。

しかし、

・過度な食いしばりや歯ぎしりによる、歯のすり減り

・強い歯みがき圧による、歯のすり減り

・歯茎が下がることによる、歯の根の露出

・酸などにより歯の表面が溶かされてしまう

等の理由により

エナメル質の下の部分「象牙質」が露出してしまいます。

冷たいもの等を口にした際の刺激が象牙質へと伝わることで

しみたり、痛みを感じるというわけです。

当院では、そんな知覚過敏の症状を和らげる方法として

・知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

・歯科医院でしみ止めの薬を塗る

・すり減った部分を樹脂でコーティングする

・食いしばり・歯ぎしりの際に歯を守るためにマウスピースをする

 等を提案しています。

歯がしみるなあ、と感じたら痛みを我慢せずにいつでもご相談くださいね。