ホームケアとケアグッズ

ホームケア

むし歯・歯周病を予防するために必要なホームケア

治療の流れがひと通り終わるとメインテナンスに入りますが、例えば1ヶ月に1回当院にてメインテナンスを行ったとしても残りの353日は自宅でのセルフケアが必要になります。
むし歯になりやすい「歯と歯の間」、「歯のかみ合わせの部分」、「歯の根元」はプラーク(ばい菌の塊)が溜まりやすい場所です。
また歯周病は歯茎の中のプラークが溜まり重症化しますので、それらの部分をを意識してセルフケアすることが重要です。
歯ブラシで半分くらいのプラークは落とすことができますが、あとの半分は歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助器具を使う必要があります。
歯磨きしているのにむし歯になりやすいという方は是非補助器具を積極的に使いましょう。

セルフケアは歯ブラシなどの清掃だけと思われがちですが、食事の面でも気をつけるところがあります。特に回数と内容です。回数が多ければ多いほど、またお砂糖を多く含む物を食べるほど、むし歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなりますので注意が必要です。

食事をコントロールしてむし歯予防

食事の回数が多いと、口腔内が酸性に傾き歯を溶かしていきます。これを脱灰といいむし歯の原因につながります。

ステファン曲線
  1. 決まった時間に規則正しく食事をとり、できるだけ間食をしない。
  2. ダラダラと長時間食べず、短時間で済ませる。
  3. 就寝中は唾液の量が少なくなるので、寝る前は何も食べないようにする。
  4. 歯磨きは食事後30分以内に行う。

ケアグッズ

当院がおすすめするホームケアグッズ

染め出し液

大人も子供もブクブクうがいをするだけで手軽に磨き残しをチェックできます。イチゴ味。

キシリトール100%ガム

キシリトールとフッ素で歯を強く。むし歯菌への効果も期待できます。

フロス

使いやすさを考えた2種類を扱っています。歯と歯の間もしっかりきれいに!

ワンタフトブラシ

歯ブラシでは届きづらいところは1本ブラシのワンタフトブラシ。毛先は2種類あります。

フッ素ジェル

泡立たないので塗りやすいフッ素です。ご自宅でも毎日フッ素を塗りましょう。

歯間ブラシ

歯の根元のプラークをとって歯周病予防に!L字だから使いやすい設計です。