摂食嚥下障害

おいしく食事をしていますか?

皆さんは毎日の食事を楽しんでいますか?「食べる」ということは、単に栄養を摂るというだけでなく、楽しみや喜び、また、家族や友人とのコミュニケーションの一つにもなります。
このように、私達の日常生活に欠かせない「食事」の場面で、おいしく食べるためには、「食べる」ための口の機能をきちんと整えておく必要があるのです。
そのためには、日々の歯磨きなどで口の健康を維持し、もしむし歯や歯周病がある場合にはしっかり治療しておくことが大切です。

摂食嚥下障害ってなに?

「摂食」とは、食べ物を口に入れ、よくかんで飲み込める形にする動作のことです。「嚥下」とは、よくかんで飲み込める形にした食物を、口からのどへ送り込む動作のことです。
「摂食嚥下障害」とは、この食べ物を口に入れてよくかみ、飲み込める形にして、口からのどへ飲み込む機能に何らかの不具合が起きて、食べづらい、飲み込みづらくなることを言います。

食べる機能には5つのステップがあります

  1. 食物を食物と認識する(熱そう、硬そうなど…)
  2. 口に入れた食物を飲み込める形にする(歯でかみ砕き、頬や舌で飲み込みやすいようにまとめます)
  3. 飲み込める形にした食べ物をのどに送る(頬や舌を使います)
  4. 食べ物を気管(肺の方)ではなく食道(胃の方)へ送る(舌を使います)
  5. のどを通ってきた食べ物が食道を通過して、胃の方へ送られる

摂食嚥下障害の原因

摂食嚥下障害は、脳血管障害などの病気によるものや、口やのどの手術(口腔がんや舌がんなど)の後遺症、あるいは、生まれつき口の機能に不具合があって生じる場合や、年齢を重ねることで口やのどの機能が衰えることが原因となります。

最近では、摂食嚥下障害が原因となって「誤嚥性肺炎」という肺炎になってしまう高齢者が増えており、社会的にも大きな問題となっています。そのほか、低栄養、脱水、窒息などのリスクも大きくなります。

誤嚥性肺炎

どんな時に起こるのか
飲食物、唾液、胃の中の内容物、のどの分泌物(痰など)を誤嚥した時に、むせることでそれを排出できない時に発生する。

直接的なリスク因子

  1. 口腔内細菌の増加
  2. 口やのどの飲み込みの機能の低下

要介護高齢者や有病高齢者の
死亡原因第1位は誤嚥性肺炎!!

お困りではありませんか?

  • 口腔がんなどの手術を受けた後で、食事や会話に不自由するようになった
  • 口腔がんなどの手術の後で、手術後の瘢痕が気になる。放射線治療や化学療法により口が渇く
  • 大きな病気をした後で、食事や会話に不自由するようになった
  • 小さいお子さんで、先天的な疾患により口から食事をすることが難しいけれども、少しでも口から食べられるように頑張っている
  • 特に大きな病気はしていないけれども、半年前より硬いものが食べにくくなった

ご相談ください!

もし、食べること話すことにお困りであるのなら、遠慮なくご相談ください。口の機能、のどの機能を見直すことで改善できる可能性があります。
また、特に困っていないけれど、今の良い状態を維持していきたいという場合には、口の健康体操や効果的な歯磨き方法などをご提案することができます。
何気ない「口の機能」。不具合が起きる前に少し意識してみませんか?