お口の健康の大切さ広め隊!

こんにちは、歯科助手の米倉です。

10月半ばにお休みを頂いて仙台のほうに帰省をしていました。家族全員集まるのが久しぶりだったので、積もる話もあり、最近ものすごい勢いで喋りだした息子の成長をみんなで喜びました。

この機会にどうしても家族に話したいことがあり、それまでに読んでいた本があります。

それがこちら❕❕


この本の著者の西田先生は内科医であり、自身が糖尿病だったそうです。糖尿病や高血圧、脳梗塞などの病気は歯周病などお口の中の健康ととても深く関わっていることがわかり、歯科との共同研究を進めるうちにお口の中の健康にも気を付けていたら西田先生自身の糖尿病も劇的に良くなっていったそうです。 

歯周病がもたらす慢性炎症がどのようなメカニズムで体のあちこちに影響を及ぼすのかがとてもわかりやすく書いてあります。

私自身せっかくこの仕事に関われてるので、家族をはじめ周りにお口の健康の大切さを広めたいんです。祖父母はまさに超尿病だったり脳梗塞を患ったりしていました。今は落ち着いていますが、また悪化させないためにもその重要性を力説してきました!もう年だからと最初祖父母はいってたものの、私が口酸っぱく言ったせいか今では歯医者にメンテナンスで定期的に通ってくれています。

世の中にもっとお口の健康の大切さが広まればいいなと思っております。皆さんも治療やメンテナンスで少なからず歯科の経験者だと思います、その経験を生かして大切さどんどん広めていきましょう!!