歯科衛生士の梅谷です。
11月の1日〜6日まで、所属している「歯磨きで世界から虫歯をなくす会」の活動で、ミャンマーのヤンゴン・モーラミャイン
の二か所に歯科ボランティアに行ってきました。

私のチームはモーラミャインへ行き、小学校の子供たち、協力して頂いた現地企業の大人たちの計300人前後の歯磨き指導、歯石取り、保健指導をしてきました。

ミャンマーでは歯磨きの習慣がほぼないので

子供たちは歯ブラシが「持てない」「動かせない」「歯にあてられない」

のオンパレード。。




そりゃそうだ、習慣がなくてやったことがなければできなくて当たり前ですよね。。。

わかりやすく、シンプルに、限られた時間の中で最大限の情熱でと笑顔を心がけ

小学校の活動を終えた後。

急遽❕❕
「現地の大人に歯磨きの方法を教えて、私たちが帰国した後は彼らに子供たちの歯磨き指導をしてもらおう、そうやって歯磨き習慣を根付かせよう!」作戦を決行しました。(作戦名長いですが(笑))

大人への歯磨き指導は、私たちの予想をはるかに超えた手応えと一体感を感じ、皆さんの一生懸命取り組む姿勢に感動し、終始ドキドキワクワクが止まらない時間を過ごせました。

むし歯の治療も大切ですが、虫歯にならないための方法を広めていく、将来のお口の健康を見据える事がミャンマーでも日本においても世界中でもとても大切な私たち歯科に携わる者の役割だと改めて感じ
今後もこの気持ちを忘れずに、日々の診療に活かしたいと思います。

また来年同じ場所で活動予定なので、それまでに衛生士としての技術ももっと向上させますね(^_-)-☆




歯科衛生士 梅谷 有未